ルームエアコンが運転しない | 未来空調メンテナンス

コラム column

2022.04.15お役立ち情報エラーコード

ルームエアコンが運転しない

ルームエアコンが運転しない

 

「エアコンが運転しなくなってしまって・・・」「エアコンが動かなくて・・・」と点検のご依頼頂くことがあります。「運転しない」「動かない」時は、運転ランプ(点滅・消灯・点灯)をご確認ください。

例 ダイキン製

①運転ランプが点滅

 エアコン本体が不具合を起こしている可能性があります。制御装置が何らかの異常信号をキャッチして、運転を止めてしまうのですが、制御装置の誤作動でこのようになることもあります。もし誤作動が原因であれば、電源をリセットするだけで復旧することがあります。運転を停止した状態でコンセントを抜くか、エアコン専用のブレーカーを切り、約1分後にもう一度電源を入れて運転してください。

お試しいただいても運転ランプが点滅する場合は、エアコンが不具合を起こしている可能性があります。不具合の内容(エラーコード)はリモコンの簡単な操作で特定することができます。

              点検を依頼される際に、表示されたエラーコードをお伝えください。

②運転ランプが消灯

 エアコンの電源が入っていない、またはリモコンが不具合を起こしている可能性があります。コンセントが差さっているか、ブレーカーは落ちていないかを確認し、それでも電源が入らなければ、本体の運転ボタンで作動するか確認してください。もし、本体ボタンで作動したら、リモコンの電池交換を試してください。本体ボタンで作動しない場合は、エアコン本体の電源供給部分が故障しています。

     機種ごとのボタンの位置は取扱説明書より確認することができます

③運転ランプが点灯

 一時的な症状の可能性があります。運転を停止した状態でコンセントを抜くか、エアコン専用のブレーカーを切り、約1分後にもう一度電源を入れて運転してください。症状が改善しない場合は不具合の可能性があります。

 

いくつか試して頂いて改善しない場合や、エラーコードが特定できた場合はメーカーに点検を依頼してください。

お問い合わせ

製品やお取引について、資料請求などお電話、またはメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

TEL icon 058-247-3711
受付時間 平⽇8:30〜17:30